親知らず

  • HOME > 
  • 親知らず

親知らずが痛くなったら

親知らずの周りの歯茎が腫れている、頬が痛い、頬全体が腫れているなどの症状は、親知らずのトラブルが原因かもしれません。ある日、急に痛みが発生することもあれば、少しずつ痛みが増していく場合もあります。少しでも違和感があれば、一度歯科医院を受診して親知らずの生え方やむし歯・歯周病の有無をチェックした方がよいでしょう。

親知らずを抜いた方がいいケース

横向きや斜めに生えている

親知らずが横向きや斜めに生えている場合、むし歯や歯周病を繰り返したり、隣の歯を押して歯並びを乱したりする恐れがあります。

大きなむし歯になっている

大きなむし歯になっている場合、大がかりな治療が必要になるうえに再発リスクが高いため、抜歯をすすめられます。

歯茎が腫れている

親知らずの周囲が腫れている場合、治療をしても再発するリスクが高いため、抜歯をすすめられることが多いでしょう。

顎関節症の原因になっている

親知らずの生え方が悪い場合、顎関節症の原因になるケースがあります。放置すると顎関節症が悪化する恐れがあるため、抜歯をすすめられます。

歯が歯茎や頬の粘膜を傷つけている

親知らずが歯茎や頬の粘膜に当たり、傷つけている場合も抜歯をすすめられることが多いでしょう。

骨の中にのう胞ができている

親知らずが顎の骨に埋まっている場合、周囲にのう胞ができるケースがあります。そのままトラブルが起きない場合もありますが、早めの抜歯をすすめられることが多いでしょう。

親知らずを抜かないリスク

親知らずを放置すると、痛みや歯茎の腫れ、歯磨きがしづらい、顎関節症など、さまざまな問題が起きる恐れがあります。一度、症状が現れると、何度でも再発する可能性があるため、早めに抜歯した方がよいでしょう。

むし歯・歯周病リスクが高まる

親知らずは最も奥に生えてくるため、歯ブラシが届きにくく不潔になりがちです。横向きや斜めに生えていると、さらに磨きにくくなるでしょう。むし歯や歯周病を治療しても短いスパンで再発し、治療の負担がかかってしまいます。

トラブルを繰り返す

親知らずが原因のトラブルを繰り返す場合があります。旅行中や出張中などにトラブルが起きる恐れもあるため、早めに抜歯しておきたいところでしょう。

周囲の歯の健康に影響を及ぼす

親知らずが横向きに生えていると、隣の歯を押して歯並びを乱したり、隣の歯がむし歯になったりする恐れがあります。

親知らずの抜歯後の注意事項

親知らずの抜歯後は、まれにドライソケットが起きることがあります。ドライソケットとは、歯を抜いた傷口の穴が乾いた状態のことで、強い痛みが現れます。ドライソケットの原因は、うがいのしすぎ、舌や指で傷口に触れるなどです。親知らずの抜歯は外科手術のため、患部はできるだけ刺激しないようにして、処方された薬を必ず服用しましょう。

初めての方専用 2回目以降の方 042-313-6516 WEB予約