予防歯科

  • HOME > 
  • 予防歯科

予防歯科について

予防歯科とは、歯のトラブルが起きてから受診するのではなく、トラブルを予防するために処置を受けるという考え方です。欧米諸国では予防歯科の考え方が浸透しており、日本は一歩遅れを取っていました。近年では日本でも予防歯科が浸透しつつあり、多くの歯科医院が奨励しています。

ご自身の歯は、入れ歯やブリッジ、インプラントでは再現できません。また、歯の健康を損ねると全身の健康にも悪影響が及びます。口腔機能の低下を防ぐとともに、社会生活に悪影響が及ぶ事態を避けるためにも、予防歯科を意識することが大切です。

予防する重要性

予防歯科では、むし歯や歯周病予防のために定期健診を受けていただくことをすすめています。お口のチェックや歯のクリーニングなどを行い、むし歯や歯周病のリスクを抑えるとともに、これらの早期発見・早期治療を目指します。

自覚症状のない段階で発見できれば、身体や費用面への負担を抑えて健全な口腔環境への整えることが可能です。日本歯科医師会では、80歳で20本以上の歯を残す「8020運動」を奨励しています。生涯にわたり、ご自身の歯で快適に食事や会話を楽しんでいただくためにも、歯を守る意識を持ちましょう。

予防メニュー

PMTC

PMTCとは、歯科医師や歯科衛生士が専門器具を用いて歯の汚れや着色を取り除き、歯の表面を滑らかに磨き上げる処置です。食べかすはもちろん、歯垢や歯石、バイオフィルム、ヤニ汚れ、ワインやコーヒーによる着色汚れなどを除去できます。痛みはなく、快適に受けていただけます。

ブラッシング指導

歯科医院で定期的なメンテナンスを受けるだけではなく、日々のブラッシングできれいな口腔環境を維持することが大切です。しかし、磨き方が悪いために歯垢が残ってしまう場合があります。当院では、磨き方の癖や歯並びなどを踏まえ、適切なブラッシング方法を指導しております。

フッ素塗布

フッ素は自然界に存在する成分で、歯に塗ることで虫歯菌が出す酸に強くなります。また、歯の再石灰化を促すことで、初期むし歯の改善も期待できます。生え立ての歯に塗ることが効果的ですが、時期が異なる場合でもむし歯予防効果が期待できるため、早めにご相談ください。効果は永久ではなく、3~4ヶ月に1回のペースで受けていただくことが大切です。

初めての方専用 2回目以降の方 042-313-6516 WEB予約