くまがいデンタルクリニック|矯正歯科

クレジットカード

駐車場完備

042-313-6516

診療時間
9:00〜18:30
休診日
木・日・祝

キービジュアル

「マウスピース型」部分矯正装置 インビザライン

40万円の「マウスピース型」
部分矯正装置インビザライン

  • 前歯の歯並びを整えたい方
  • 治療期間を短縮したい方
  • 簡単に取り外し可能
  • 透明なので目立ちにくい

虫歯・歯周病予防までを考慮した治療体制

当院は矯正治療を「専門」に行っている医院と異なり、虫歯治療や歯周病治療も行っていますので、矯正治療を行う前の初期処置(虫歯治療や歯周病治療)、矯正治療中の虫歯予防・歯周病予防が適切に対処できます。矯正専門で行っている医院は、これらに対応していないところが多いため、虫歯や歯周病に関しては、他の医院で処置する必要があり、患者さんへの負担が多くなることがあります。

院長

矯正治療中は「器具」をお口の中に入れますので、汚れが付きやすく、虫歯や歯周病になってしまう可能性が高まります。せっかく歯並びが綺麗になったのに、虫歯や歯周病になってしまい、お口の「審美性」「機能性」が悪くなってしまったら本末転倒ですよね。

「歯を綺麗に並べる」という基準だけではなく、「虫歯や歯周病を防ぐための処置をしっかりできるのか」も1つの判断基準として医院選びをしていただくことを強くお勧めします。

次節から「成人矯正」と「小児矯正」に関して当院の方針をご紹介させて頂きますので、下記の興味のある項目のボタンを押し、ご覧ください。

美しい歯並びを獲得するための精密診断

歯科治療は、治療を始める前の診査・診断が非常に重要となります。特に矯正治療は他の治療と比べ治療期間が長くなりますので、初めの診査・診断にミスがあった場合、軌道修正に更に時間をとられてしまい、患者さんの経済的・肉体的負担が大きくなりますので、慎重に行わなければなりません。

当院では、安心して、そして納得して治療に入って頂くため、歯科医師の経験と勘に頼るのではなく、精密な診査診断に基づいた治療を行っております。

次節からは「成人矯正」と「小児矯正」に内容が分かれますので、ご希望のボタンをクリックしてご参照ください。

成人矯正のお話し

矯正治療を望まれる成人の方からよくご相談を受けるのは「仕事をしているので、できれば目立ちにくい矯正装置を付けたい」「なるべく歯を抜かないで矯正をしたい」などです。これらのご要望に対して当院では何ができるのかをこれからお伝えいたします。

透明なマウスピース矯正 インビザライン:40万円

マウスピース矯正とは、透明なマウスピースを口にはめ、何度か新しいマウスピースに交換しながら徐々に歯を移動させる矯正治療方法です。種類もいくつか存在しますが、当院では「インビザライン」を導入しています。

「マウスピース型」部分矯正装置 インビザライン

一般的なワイヤー矯正と異なり、装置が取り外し式で、目立ちにくいのが特徴です。
また、基本的に「非抜歯」で対応できます。

取り外し可能ですので、食べたい物がなんでも食べられ、食後の歯磨きや装置の洗浄も簡単に行うことができる反面、装置を装着する判断は患者様に一任されるため、装置を付ける時間が短く、付けない期間があった場合は、治療期間が長くなってしまうというデメリットも存在します。

可能な限り歯を抜かない「非抜歯」矯正治療

院長

「可能な限り歯を抜かないで治療をしてほしい」というご要望を患者さんから頂きます。
確かに可能な限り歯を抜かずに矯正したいですよね。歯の大切さを理解している私たちも同じ意見です。しかし、綺麗な歯並びや咬み合わせを作り出すには、歯を抜いた方が良い場合もありますので、可能な限りの「非抜歯矯正」を望まれる方はまずはお口の中を拝見させて頂き、抜歯で対応するのか、非抜歯で対応するのかをお伝えさせていただております。

前歯の隙間など部分的に治療する「部分矯正」

前歯2本だけ、すきっ歯の部分だけ、八重歯だけ、下の歯だけなどご希望に応じて柔軟に対応可能です。

利用する装置、治療時間などが本格的な矯正と異なります。あくまで「部分的」に歯を動かしますので、その分、治療期間も短縮(数か月で終了)されます。

しかし、歯並びの状態によっては、「部分矯正は難しいですので全体的な矯正をお勧めいたします。」とお伝えすることもございます。まずはお口を拝見しないことには何ともお伝えできませんので、お気軽にご相談ください。

小児矯正のお話し

小児矯正

親御さんにお伝えしたいことは、少しでも歯並びが気になりだしたら、治療するしないにかかわらずまずはお子様のお口を見せてくださいということです。早い時期にしっかりとした検査を行う事でお子さんにとって理想の治療時期を予測することができたりもしますし、矯正治療ではなく、咬合誘導と呼ばれる簡易な治療で対応できることもあります。

※咬合誘導とは?

子供の歯から大人の歯に生え替わるとき、ささいなボタンのかけ違いで歯並びが悪くなってしまうことがあります。その徴候を早めに見つけることで、簡単・短期間で歯並びを整えることが可能となります。これを「咬合誘導」と言います。咬合誘導は大人の歯がすべて生えてからの矯正とは違い、抜歯したり、歯を動かしたりといったものではありません。早い時期に適切な咬合誘導を行うことで、歯並びが安定して後戻りしにくくなり、場合によっては本格矯正治療が必要なくなることもあります。
均整のとれた適切な歯並びは「見た目」だけでなく、「集中力や持続力」などお子様の生活全般のレベルアップも期待できるという研究報告が出ていますので、歯並びがおかしいなと思いましたら、治療するしないにかかわらず、まずはお気軽にご相談頂けたらと思います。

お子様の矯正装置は様々なものがあります。取り外し可能な装置、夜間のみ装着すればよい装置等。お子様のお口の状況に合わせて適切な装置をご紹介させて頂きます。

そもそも矯正治療が必要な歯並びとは?

さて、矯正治療が必要と言われる歯並びはどのようなものがあるのでしょうか?

出っ歯

皆様が良く知っている歯並びですね。上顎の前歯が下顎の歯よりも大きく前に出ている歯並びです。

いかがでしたでしょうか?
特にお子様の歯並びの場合、親御さんが「矯正した方がいいかな?」と思った時や、ちょっとでも歯の乱れがある場合は、適切な治療開始時期を逃してしまっていることが多々ありますので、大人の歯が生える前に調べておく必要があります。治療するしないにかかわらず一度ご相談にお越しください。今の子供たちは堅いものをあまり食べないため、アゴの発育が悪い傾向があります。顎の成長を促す食生活や、治療開始の時期を含め、一度お話させてください。

矯正治療の流れ

  • 1.相談(無料)

    お悩みやご希望をお聞きします。

    相談

  • 2.精密検査

    精密検査の結果をもとに、矯正治療全般に関して詳しくご説明をいたします。
    少しでも疑問点がございましたら、再度ご説明し納得いただいたうえで、治療を開始するかどうかのお返事をいただきます。もちろん、この段階で治療を受けないという選択をしていただいても全く構いません。

  • 3.治療開始

    歯に装置をつけ、歯に力を加え始めます。

  • 4.通院

    歯を動かす期間は半月~3カ月に1回通院して頂きます。

  • 5.治療終了

    矯正装置を外します。但し、そのまま外しただけですと「後戻り」という現象を起こすため、保定装置(取り外し可能な装置もしくは取り外しできない装置)を装着して頂きます。

  • 6.メンテナンス

    保定装置の使用を確認後、当院のメインテナンスを定期的に受診して頂き、保定装置を終了する時期まで、経過を観察していきます。

初診「個別」相談へのご案内

当院では、患者様が抱えていらっしゃるお口のお悩みや疑問・不安などにお応えする機会を設けております。どんな事でも構いませんので、私達にお話しして頂けたらと思います。
ご興味がある方は下記からお問い合わせください。

  • 無料相談
  • インターネット予約

TEL:042-313-6516

大規模駐車場完備

〒187-0032 東京都小平市小川町1-432-1

9:00〜13:00---
14:30〜18:30---
  • △ 土曜日・日曜日は午前「9:00〜13:00」
    午後「14:00〜17:00」

このページの先頭に戻る