予防歯科|PMTC クリーニング|くまがいデンタルクリニック 土曜日も診療 小平市・東大和市駅から多数来院

駐車場完備 診療時間10:00~19:00 休診日 火・日・祝 042-313-6516

Prevent / 予防歯科

+当院の予防システムのご紹介

最近では「予防」という言葉を良く聞くと思います。

悪くなる前の予防が大切という考え方ですね。

 

歯科の世界でも「予防」が非常に重要な意味を持っています。

「歯科の予防のシステム」はすでに確立されており、そのシステムにしっかり患者様がついてきてくれることで、虫歯・歯周病にならずに生活することができるようになるのが特徴的です。

 

医院によって予防システムは異なりますので、ここでは当院の予防システムを簡単にご紹介いたします。

 

 

体制1. 「予防」に対しての私たちの想い

会話

治療を終え、お口の中が健康になり、「治療」ではなく、お口の健康維持のための「メンテナンス」に通って頂く。そして、世間話をしながら笑顔で帰って頂く。

これが私たちの目指す歯科医院です。

 

そのためには、治療と共に、お口が悪くなった原因を取り除き、その原因が再発しないようにしなければなりません。再発させないためには「健康な状態を絶対に維持し続ける」という歯科医院側の想いのこもったサポート、そして何よりも患者様ご自身がお口の健康に関して意識して頂くことが重要です。当然のことですが、歯科医院でのケアよりもご自宅でのケアの方が、多くの時間を占めますので。

 

これまで長年、歯科医療に携わってきましたが、お口の健康を長く維持されている患者様というのは、歯に対する意識、つまり、歯は生活をする上で非常に重要であると強く認識している方です。歯に対する意識が高ければ、自ずとご自宅でのケアをしっかり行っています。そして皆さん、「歯科医院は健康なお口の状態をチェックする場所。普段のブラッシングでは落とせない汚れを定期的に落としに行く場所」と考えていらっしゃいます。

 

歯科医院とは、「歯を治す」とことですが、一旦治療が終了したら、「歯を守る場所」になるという考え方が大切です。そのように理解し行動して頂けたら患者様のお口の健康は安泰です。

 

私たちは「歯科医院は歯を守る場所」とご理解いただける患者様と共に歩みたいと思っています。そしてそのような患者様には「お口の健康を必ず維持させる」「残っている健康な歯を絶対に失わせない」という強い想いで末永くお付き合いさせて頂きます。

 

お口の健康を通して、皆さんが毎日笑顔で生活できるお手伝いをすること。

これが私達歯科医療従事者の「使命」であり「やりがい」です。

 

 

体制2 科学的根拠に基づいた処置

当院では「科学的根拠に基づいたプログラム」を組んでいます。

プログラム

 

今や歯科医療も進歩し、「歯周病・虫歯にならないためにはどうすればいいのか」、「歯周病・虫歯になってしまった場合どのような処置をすれば改善するのか」などが科学的に実証されており、その通り行えば、歯周病・虫歯にもなりませんし、また歯周病・虫歯も改善します。

 

この手法は日本でも広まっていますが、忠実に実施している医院はほとんどありません。

行うべき全体の一部だけを取り入れているのがほとんどだと思います。

 

具体的には、歯質の状態、歯周病・虫歯へのなりやすさなどのデータを取得し、PMTC(専門の機器を用いたプロによるクリーニング)やTBI(ブラッシング指導)、生活習慣改善を併用した患者様独自のオーダーメイドのプログラムを構築していきます。

 

PMTC カウンセリング 生活習慣の見直し

 

 

体制3 適切な「ブラッシング指導」

虫歯・歯周病を予防するための適切なブラッシング方が存在します。

「バス法」「フォーズン法」「縦磨き」などなど。

ほとんどの方がこのブラッシング法は実践されていません。といいますか、その存在すらご存じない方がほとんどだと思います。

 

ブラッシング

ブラッシングはただ磨けばよいというものではありません。

多くの方は「磨いた」という事実だけで満足してしまい、肝心の「汚れ」はほとんど落せていないものです。

 

虫歯・歯周病を予防するには「ご自宅のセルフケア」と「歯科医院でのクリーニング」の2つが柱となります。この両輪のどちらか一方が欠けてもNGです。

 

当院ではこの適切なブラッシング指導、そして補助ツールとしての「歯間ブラシ」や「デンタルフロス」の適切な使い方も積極的にお伝えしておりますので、このノウハウだけでも学びに来てみてください!!

 

歯間ブラシ デンタルフロス

 

 

+予防の副次的効果-本来の歯の白さが蘇えります!!

予防歯科では歯石・歯垢を除去するのですが、この治療をすることで「本来の歯の白さが蘇る!!」という患者様に嬉しい副次的効果があります。

これは歯石などを除去するとともに、ヤニ汚れ、茶渋などの着色も一緒に除去できるためです。

 

つまり、定期的(2~3カ月に1回)にクリーニングに通う事で、虫歯・歯周病予防にもなりますし、歯の白さを維持でき一石二鳥という事です。

 

当院では歯を白くする方法として「審美歯科」「ホワイトニング」も行っています。これらは「本来の歯の白さよりももっと白くする」治療法ですので、歯の白さを追求されている方はそちらをご覧ください。

しかし、「自然な歯の白さ」と「お口の健康維持」を目的とされる方はクリーニングを是非お勧めします。ケースによってはクリーニングでも御希望の歯の白さにすることも可能となります。下の画像がクリーニング前とクリーニング後の比較です。

 

ビフォアー アフター1

ビフォアー アフター2

ビフォアー アフター3

 

 

+コラム-定期的メンテナンスの絶大な効果

歯科医院での定期的な予防を「した方」と「そうでない方」の年齢別の統計があります。これによると80歳になったときに残っている歯の本数には予防を「した方」と「そうでない方」には9本近くの開きがでるという結果になりました。

 

定期的メンテナンスと残存歯数の関係

 

以下、もっと分かりやすく「予防」をしている場合としていない場合の比較を説明したいと思います。

 

 

+「痛いときだけ通院する方」と「定期的に通院する方」の歯のライフサイクルと治療費の比較

痛いときだけ通院する方

定期的に通院する方

 

「2~3カ月に1回の定期的に予防しに行くのは面倒だし、費用も高くなりそうだな」と感じておられる方も多いと思います。しかし、結果はどうでしょうか。

定期的に通院した方が約300万円も治療コストがかかっていません。

 

また、歯科医師としてなによりも主張したい点は、「80歳になっても自分の歯でいられる」ことの素晴らしさです。

一般の方々は「歳をとれば、自然に歯が抜けてしまうものだ」とお考えの方がいると思いますが、事実は違います。若いころから歯科医院で定期的に予防処置を受けていれば、上記の図・統計にもあるように、多くの歯を残すことが可能となるのです。

 

歯を失うことの辛さは、実際に失った方でないと分りませんが、事実、生活の質が落ちてしまいます。快適な老後を送るためにも、早いうちから歯のありがたみを理解し、日々のブラッシング、定期的な予防処置を生活習慣の1つに組み込むことが非常に大切となります。

 

 

 

+個別相談・診療予約のお問合せ

当院では、患者様が抱えていらっしゃるお口のお悩みや疑問・不安などにお応えする機会を設けております。どんな事でも構いませんので、私達にお話しして頂けたらと思います。

ご興味がある方は下記からお問い合わせください。

無料相談

インターネット予約

〒187-0032 東京都小平市小川町1-432-1

△土曜日は、午後「14:00〜17:00」

 

 

+患者様の声

詳細は患者様の声をご参照ください。

患者様の声

 

 

+症例集

詳細は症例集をご参照ください。

症例集

 

 

+料金表

費用・素材の特徴に関しては料金表をご参照ください。

料金表